任意保険という保険は強制保険の自賠責保険とは違い自賠責保険では補いきれない部分の補償を受ける重要なより充実した保険です。これは任意保険。自賠責保険の上級保険という意味合いで有用なものですので、自賠責保険で補える限度額を超えた際に登場します。それから、自賠責保険だけでは物的損害については補償が受けられないので、そこまでカバーする場合は任意保険に入るのがいいと思います。現時点で任意保険を納めている車を売却する場合は国内メーカーの自動車や輸入車などことは関係なく残っているお金が戻ってきます。これは国内メーカーの自動車を処分するケースについても同じです。自動車損害賠償責任保険の場合は、普通は入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険は全員が入るものではありませんので、解約をすることになります。それで契約解除した後はすでに 納付済みの残っているお金が戻ってくるということになります。車売却が決まったからといってすぐさま任意保険の契約を解除するというのはリスキーです。勿論すぐに契約解除するとそれだけ返ってくるお金は上がりますがもし中古車専門店が遠くにあって、自ら乗っていくようなケースでは、保険なしで自動車の運転をするはめになります。緊急事態を考えて絶対これから自分で自動車の運転をしない状況になる時まで任意保険の契約の解約をすることのないようにしましょう。愛車を引き取ってもらって、すぐに新しい車種に乗り換える場合だったら良いと思いますが仮にずっと乗らない状態が継続して保険に加入している必要がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない期間がある場合、以前継続していた保険の等級が下がるため、保険料が増額されます。このようなケースであれば「中断証明書」という書類を提示してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」があることで、10年まで遡って無保険になる前の等級を引き継ぐことができます。さらに、13ヶ月以内であれば発行依頼をすることが可能ですので、もし今現在で愛車を売却済みで「中断証明書」というものを発行してもらっていないのならば保険の提供元やその代理店にその旨を伝えてください。仮にあなたが新しくクルマを買って、購入した後に以前保有していたクルマを引き取り依頼するのならば任意保険は片方のみの契約となります。任意保険の切り替えになるので、乗らなければなれない所有車の場合は処分の際までこのことを頭に入れておかなければなりません。そして任意保険の保険料は車の種類により保険料がかなり違ってくるので中古車買い取りの際は任意保険の内容をチェックしてみる好機とも言えますね。