車を所有する方でしたら承知していると思いますが自動車税というものの納税義務があります。そして自動車税は中古車の売却時に一般的に戻ってくるものなのです。これというのは現実に自分でやると分かりますが一から順番に分かりやすく説明することにしましょう。事前に補足すれば、日本のメーカーの車のみが対象ではなく海外の車でも戻ってくる対象になります。当然ですが車も当てはまります。自動車税という税金は自動車を持っている人が支払い義務を負うものですがこれは車の排気量の大小により定められています。1リッター以下ならば29500円となり1リッターより上で1.5リッターまでであれば34500円。これからは500cc毎に5000円増加していきます。そしてこの税金は4月1日の時点で車を保有している人が以後一年分のお金を払うことになります。ということは事前納付ということなので、勿論ですが車を引き取ってもらってオーナーでなくなった時では先に払った分の税は還付されるんですね。自動車税は事前納付で以後一年分の金額を払いますからその年度内に自動車を買い取ってもらった場合は買い取ったオーナーが自動車税を負担するということです。買い取った相手が買取専門店ならば引き取り時に自分が前払いしている分の税金を返還してくれます。まとめると、所有者でなくなった瞬間以後の自動車税は、権利が移ったオーナーが納付義務を負います。もし10月の間にクルマを買い取ってもらった際は、11月以降翌年3月いっぱいまでの払った税金は返還されます。というのは前も述べた通り自動車税という税金は先払いであるという事実からもわかります。ということは、売却者は買い取った相手に払いすぎた税金を返還してもらうということになります。個人でクルマを売却する場合には、何気にこのような大切な事実に気付かない人が見受けられるのできっちり確かめるようにしてください。自動車税という税金はクルマの売却で戻ってくるということをほとんど知っている人が少ない事をいいことに、そのことを言わない買取業者もいます。こちらから自動車税に関して言わなければ全然自動車税のことに関して触れないという場面も結構見られます。ですので車の買い取りをお願いする時には、払いすぎた税金が返金されることをチェックすることを怠らないようにしなければなりません。